- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

普通鋼電炉工業会 渡邉会長 鉄筋棒鋼、需要見合い生産重要

 普通鋼電炉工業会の渡邉誠会長(JFE条鋼社長)は8日、都内の鉄鋼会館で定例の記者会見を開催した。

渡邉会長は鉄筋棒鋼を取り巻く環境に関して、「2019年5月における鉄筋用小形棒鋼の国内向け出荷数量は61万9295トンと前年同月比4・3%のマイナスになり、前月比でも4・6%減少した。在庫率は89・7%と前月比1・1ポイント上昇している。この状況下において、需要に見合った生産が重要になる」との見解を示した。