- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

鉄スクラップ関西輸出価格、3010円安の2万5110円

関西鉄源連合会(会長=黒川友二・扶和メタル会長)が3日に実施した第85回鉄スクラップ共同輸出入札は、成約価格がトン当たり2万5110円(大阪湾岸FAS・H2グレード中心)だった。7月25日の前回比から3010円安と大幅に値下がりした。世界的な景気減速や貿易摩擦などに伴い、海外で鋼材やビレット市況が低迷し、鉄スクラップの国際相場が下落したことが値下がりにつながったとみられる。