- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

神鋼エンジ&メンテ 鉄スクラップ、AIで自動等級判定システム開発

神鋼エンジニアリング&メンテナンスは、人工知能(AI)を用いた鉄スクラップの自動等級判定システムを開発した。電炉メーカーなどに搬入される混合鉄スクラップは、従来検収員の目視判断で等級判定されていたが、AIによる画像判断で等級重量割合(%)を自動判定することで、検収作業の負荷低減や検収員育成の補助、検収判断基準の標準化に寄与する。同社では今後技術のブラッシュアップを進め、2019年下期までに判定精度向上と全体システムの設計を推進、20年をめどに商品化を目指す。