- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

佐取商店、25段材料ストッカー稼働

 一般鋼材販売やスクラップ回収を手がける佐取商店(本社=栃木県足利市、佐取喜一社長)は本社隣接の加工工場で25段の材料ストッカーを導入し、10月から稼働している。主にレーザー加工用の母材を置くためで、板厚1・6ミリから22ミリまでの鋼板類を中心に在庫機能を強化。1段当たり2トンまで積載でき、トータルの積載量は約50トンとなる。投資額は約2000万円。