- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

鉄産懇 中村会長 中国内需、堅調に推移

 鉄鋼産業懇談会の中村真一会長(日本製鉄副社長)は3日の会議後、「世界経済の成長鈍化が顕著になっているが、注目される中国の10月の粗鋼生産は前年同月比0・6%減の8152万トンだった。国慶節や建国70周年式典を前にした操業規制の影響があったようで、10月下旬からは増加に転じている。ただ鋼材在庫は減少傾向にあって、鋼材輸出も前年を下回る状況が続いており、インフラを中心に内需自体は堅調に推移しているようだ。鋼材市況も他地域に対して少し高めの水準にあり、11月中旬には熱延、線材などの品種が上昇基調に入った」との認識を示した。その上で「低迷していたASEAN市況は、かく乱要因とみていたロシア、インドからの安値輸入が見られなくなり、値段が上がってきている」と付け加えた。