- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

鉄リ工業会市況報告 12月中旬から横ばいで推移

 日本鉄リサイクル工業会は、2019年12月市況報告で「11月に底打ちから上昇に転じた国内鉄スクラップ市況は、12月に入り前半は上昇基調を保ったものの、国内需要が盛り上がりを欠いた影響もあり、中盤以降は横ばいで推移している。月末のH2価格は、関東がトン2万4500―2万5000円、関西で同2万4500―2万5500円と前月末より同1000円程度高いレベルとなっている」と報告した。