- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

鉄スクラップ関東輸出価格、867円高の2万6667円

 関東鉄源協同組合(理事長=山下雄平・ヤマシタ社長)は10日、1月契約分の鉄スクラップ輸出入札を実施し、平均落札価格(H2)はFASトン当たり2万6667円となった。19年12月実施の前回比で同867円高い。数量は合計2万6100トン。堅調な海外相場が影響し、足元の関東相場を1500円以上上回った。今後の強気材料として作用するとの見方が多くみられるが、どの程度の上げ幅があるかについては市場で意見が分かれるところだ。