- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

日本精線 在宅勤務など積極的に活用

日本精線は、新型コロナウイルス感染症拡大へを受けて、在宅勤務や時差出勤の積極活用などをはじめ徹底した対応策を実施している。

現在、全グループ会社とも通常どおり操業を実施。その中で感染防止対策として、生産部門では自動車通勤への切り替え拡大、事業所内食堂における同時利用人数制限と対面着座禁止などを実施。本社および営業部門では、通勤時の感染、接触リスク低減につながる在宅勤務や時差出勤の積極活用を実施している。

また、海外出張の禁止、不要不急の国内出張自粛、不特定多数が集まるイベントへの出席制限、大人数での社内会議自粛のほか、取引先および採用対象者以外の事業所への立ち入りを制限している。