- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

鉄筋コンクリート用棒鋼、10年ぶりJIS改定

鉄筋コンクリート用棒鋼の日本産業規格(JIS)が10年ぶりに改定された。新規格へと移行するための猶予期間は、改定日の今年4月20日から来年4月19日までと残り半年ほど。「SD295A」「SD295B」の統合やSD590などの高強度鉄筋が新規追加されたことが主な変更点で、成分などの製品スペックもより明確化され、国際規格ISOに対応するものとなっている。