- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

日鉄ステンレス、二相鋼「NSSC2351」厚板 鉄鋼関連設備向け初受注

日鉄ステンレス(本社=東京都千代田区、伊藤仁社長)は3日、同社が独自開発し、耐応力腐食割れ性と強度に優れる二相ステンレス鋼「NSSC2351」の厚板が、日本製鉄グループの東海鋼材工業・知多工場(愛知県知多市)の溶融亜鉛めっきライン新フラックス槽向けに採用されたと発表した。厚板(板厚10―16ミリ)の受注量は25トンで、このうち溶接H形鋼用は10トン。鉄鋼関連の生産設備用としては初受注。