- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

鉄スクラップ相場 関西地区6週続伸

 関西地区の鉄スクラップ相場が6週連続上昇し、昨年4月以来の高値をつけた。3連休中にメーカーの鉄スクラップ消費が進み、需給が引き締まった状況が続いている。

 同地区電炉メーカーの鉄スクラップ購入価格(H2、25日時点)は大阪がトン3万1500―3万2500円前後、一部高値トン3万3000円前後、姫路が3万1000―3万2000円前後。電炉大手の東京製鉄が25日入荷分からの鉄スクラップ購入価格を田原工場で一律トン1000円、岡山工場で同500円引き上げたのを受け、同日から大阪・姫路電炉メーカー各社も買値引き上げに動いた。