- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

鉄スクラップ関東輸出価格 10年ぶり高値、3万8710円

関東鉄源協同組合(理事長=山下雄平・ヤマシタ社長)が10日に実施した12月契約分(2021年1月積み)の鉄スクラップ輸出入札の平均落札価格(H2)は、FASトン当たり3万8710円となり、11年1月契約分以来約10年ぶりの高値を付けた。前月比は8105円高で、過去最大の上げ幅を記録。世界的な鉄スクラップ不足が高値をもたらし、国内相場の続伸が確実視される。
[1]