- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

小型平鋼など値上げ 光陽産業、1月以降5000円以上

鋼材圧延・金属熱処理の光陽産業(本社=広島県福山市、来山尊社長)は、笠岡工場(岡山県笠岡市)で製造する小型平鋼などの販売価格を1月以降、トン5000円以上引き上げる。鉄スクラップ価格の高騰を受け、電炉メーカーなどから供給を受ける圧延母材の価格が大きく上昇し、自助努力では吸収しきれなくなっていることから値上げに踏み切る。上げ幅は、店売り向けで5000円以上、資材メーカーなどのひも付きで5000円。