- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

関西市況 異形棒鋼3000円上伸 流通、慎重な販売姿勢

 関西地区の異形棒鋼市況は先週までにトン3000円前後上伸し、7万3000―7万5000円が実勢化した。地区メーカーが原材料の急騰を受け、製品価格の大幅な値上げを実施。これを受け、流通各社が唱えを引き上げ、市場に浸透した。ただ、1月の流通の新規の引き合いや成約が細っている上、ここにきての製品価格の急騰で、施主・デベロッパー・零細ゼネコンの信用不安が懸念されており、流通各社はやや慎重な販売姿勢で臨む方向だ。