- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

関西建築ファブ 鉄骨の受注単価是正へ 鋼材急騰で採算悪化

関西地区の建築ファブリケーターは年明けから、鉄骨受注単価の是正に動き出している。現在、鉄骨受注単価はトン18万―20万円(S造、小屋物、建築面積=1000平方メートル程度)が中心で、一部ではそれ以下の価格が散見される。一方で、材料の鋼材価格はH形鋼、厚板など全てが原材料高を背景に急騰しており、ファブの採算が急速に悪化している。こうした状況を打開するため是正に動くもので、市場に浸透するかどうか注目される。