- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

関東地区市況 構造用鋼1万円上伸 需給タイト化、安値解消

関東地区の構造用鋼市況が前月比トン1万円上伸した。年明け以降のメーカー契約価格引き上げを受けて、流通は再販売価格の同1万円上げに着手、このほど浸透した。メーカー価格上昇に加え、自動車や建機などの急激な需要増を受けた市中在庫のタイト化によって、安値の出回りも解消。市況の上伸を後押しする格好となった。自動車分野の需要は半導体不足で不透明ながら、原料高を受けて一部メーカーが追加の値上げを打ち出しており、市況は強基調を維持しそうだ。