- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

鉄スクラップ 6月契約、高止まり続く 関東輸出価格4万9195円

関東鉄源協同組合(理事長=山下雄平・ヤマシタ社長)が9日に実施した6月契約分の鉄スクラップ輸出入札の平均落札価格はトン当たり4万9195円(H2)だった。12年ぶりの高値となった前月実施分からさらに362円上がり、足元の関東相場よりトン1000円以上高い。中国の鉄スクラップ相場が先週末に反発したことや、関東からの西送りの内航船が堅調に推移していることが今回の高値落札につながった。
[1]