- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

関西地区 異形棒相場が一段高 08年来の高値

関西地区の異形棒鋼相場が一段と上昇した。トン当たり8万5000円前後(ベースサイズ、直送)と2008年12月以来の高値を付けている。電炉主原料となる鉄スクラップ価格が高止まりする中、「中小口の案件を中心にメーカー値上げが徐々に浸透してきた」(商社)という。