- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

高値圏続く主原料市況 原料炭スポット200ドル 1カ月で50ドル上昇

主原料市況は高値圏が続く。業界関係者によると、原料炭のスポット価格はFOBトン200ドル(2万2200円)に達した。過去1カ月で50ドルほど上がった。豪州炭輸入を敬遠する中国の堅調な需要で豪州炭以外の原料炭は中国着で300ドルを超えており、豪州炭価格を押し上げている。鉄鉱石も200ドル超の高値が続く。鉄鉱石、原料炭とも供給に余力がなく、今後は需要次第。中国の鉄鋼減産はまだ織り込まれていないようだ。