- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

粗鋼需要7―9月予測 5四期連続増2469万トン

経済産業省が13日発表した2021年度第2四半期(7―9月)の鋼材需要見通しによると、出荷等相当粗鋼需要量は前期実績見込み比1・2%増の2469万トンと5四半期連続で増える。内需は製造業中心に回復し、輸出も新型コロナウイルス禍からの回復を受けて伸びる。経産省金属課では内外需とも回復傾向が続くとみている。ただ、流通加工分野で輸入材を含めて供給不足感が強まっており、需要を見極めた生産、適切な在庫管理が必要としている。