- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

高力ボルト騒動 再発懸念

高力ボルトの入手が困難となった「高力ボルト騒動」の再発が懸念されている。2018―19年に起きた騒動は国土交通省が対応に乗り出し、ボルトメーカーも受注対応を強化して収まったが、ここにきて建築案件が動き出し、ボルトの需要が増える中、建設関連の人手や鋼材の不足によってボルトの需給が極度にタイト化する可能性が浮上している。騒動を経て改善された需給や商慣習が新型コロナウイルス禍の影響で再び乱れつつある。
[1]