- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

「未来へ 見出す活路」中国再生原料(中) 同等品で関税率に差 中国産二次合金 競争力維持に課題

◇再生アルミ原料にダブルスタンダードが存在する

 従来のアルミスクラップに代わる再生鋳造アルミ合金原料は、品種や形状別に「鋳件」と「再生鋁錠」、「鋁塊」の3品種が規定されている。鋳件は、新機械鋳物や機械コロ、廃ホイールなどの鋳鍛造製品のスクラップで、再生鋁錠は二次地金や二次合金などの再生アルミインゴット(以下、再生インゴット)、鋁塊は破砕されたアルミスクラップを意味する。

[1]