- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

新・財務戦略 商社編 阪和興業 中川 洋一専務 今中計投融資枠500億円 成長投資継続 「事業戦略の発展」追求

――財務の現状認識から。

「2019年度連結決算において南ア・サマンコールの減損処理等を行い350億円の持分法投資損失を営業外費用に計上。加えて65億円の投資有価証券評価損を特別損失として計上した。この結果、営業利益は273億円と前年度比15億円の微減にとどまったが、経常損益が前年度の233億円の利益から125億円の損失となり、親会社株主に帰属する純損益は139億円の黒字から136億円の赤字に転落した。この結果、純資産が前年度末比363億円減の1660億円に縮小した。第8次中期経営計画(16-19年度)では、財務目標として純資産2000億円、ネットDEレシオ(有利子負債資本倍率)1・5倍以下を目標に掲げた。ハイブリッドローン考慮後のネットDEレシオは1・3倍と目標をクリアしたが、前期末に2024億円まで積み上げてきた純資産は大幅な計画未達となった」


[1]