- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

脱炭素社会へ 切り開く未来 非鉄編(2)水素社会を実現する白金族触媒 安定供給体制構築へ 技術力で環境・経済に全力

昨年12月、政府は脱炭素社会に向けて「グリーン成長戦略」を策定した。中でも変革の主として注目されるのが水素産業の推進だ。水素発電や水素還元製鉄、燃料電池自動車など対象分野は幅広い。これらの実現には水素を化学的に制御する白金族金属などからなる高性能触媒が不可欠で、国内でも触媒開発や素材となる白金族鉱山プロジェクト、リサイクル投資などが進む。水素触媒の技術革新と白金族金属の安定した供給体制の構築は、日本が目指す脱炭素社会の土台となる。
[1]