2021年5月13日

JFEスチール 知多製造所/強みとする商品を最先端環境分野に適用拡大

知多製造所はJFEグループの鋼管製造拠点として、「地球環境の向上を経営の重要課題と位置付け、環境と調和した事業活動の推進で豊かな社会をつくる」との理念の下、環境負荷低減に資する製品の製造に注力。地球環境に配慮した運営により、地域社会にも貢献している。

強みとする油井管で培ってきた高温・高圧環境や高腐食環境に対応する継目無鋼管や高性能特殊ねじ継手の技術を、CO2を回収・貯留するCCSなど脱炭素に向けた新技術に適用する取り組みを推進。21年度以降、需要家からの耐食性能評価などの要請が増加しており、今後の採用に向けた活動を展開する。

JFEエンジニアリングとタイアップし、一昨年から製造所内で太陽光発電を開始。昨年に設備を増設し発電量を約3倍とした。本年以降もさらに増設し、所内消費電力をカーボンフリー電力とすることで、電力会社の発電所でのCO2発生量を継続して抑制していく。

昨年11月、愛知県が開始した「あいち生物多様性企業認証制度」の認定を取得。昨年中に製造所内の環境池周辺にフジバカマの花を植え、渡り蝶のアサギマダラを呼び込む活動を始め、取り組み1年目で飛来を実現した。

本年4月には、生物多様性の追求、自分たちの手でつくる、地域とも触れ合う場とすることをコンセプトに「ビオトープ知多」を造営。今後、社員を中心に植樹を進め、本年に創立80周年を迎えた同製造所が100周年を迎える20年後、「持続可能な製造所」のシンボルとなることを目指し、整備を進めていく。地域に解放する機会もつくり、多様な生物を鑑賞できる場も提供していく。

このほか、工場で発生する廃棄物のリサイクル率向上による最終廃棄物の削減や、きめ細かな設備運用による省エネの徹底など、地道な活動も継続、強化している。

愛知県半田市川崎町1―1

TEL0569―24―2101(総務室)

¥文字(G4-1001)0569―24―2035(総務室)

スポンサーリンク