- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

20年世界粗鋼生産ランキング/中・宝武集団が初のトップ/Aミッタル、2位転落/3、4位に中国企業 日本勢は後退

世界鉄鋼協会がまとめた2020年の粗鋼生産ランキングによると、トップに中国の宝武鋼鉄集団が初めて浮上した。02年以来トップだったアルセロール・ミッタルは2位だった。中国勢は3位に河鋼集団、4位に江蘇沙鋼集団が入った。統合で大型化する中国勢が上位で存在感を高めた。日本勢は前年3位の日本製鉄が5位、前年12位のJFEスチールが14位、前年55位の神戸製鋼所が64位だった。新型コロナウイルス禍の減産で中国勢以外は後退が目立った。
[1]