- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

点検/鉄鋼市場/7―9月/薄板/厚板

薄板/鉄鋼メーカー供給余力低下 需給タイト感続く/市況、ひも付き動向が焦点

 7―9月の薄板需給は製造業を中心とした需要回復や輸出の増加に伴い、鉄鋼メーカーの供給余力低下が継続し、引き続きタイト感を維持しそうだ。4―6月同様、世界的な半導体不足に伴う需要家の減産リスクが警戒されるが、現時点では自動車向けをはじめ、薄板需要は堅調な水準が見込まれる。関係筋によると、トヨタ自動車は9月に日当たり1万4000台の生産を計画しており、販売好調を受けてバックオーダーは数十万台まで積み上がっているもよう。さらなる増産対応がとられることになれば、下期にかけて薄板需給は一段とひっ迫する可能性がある。
[1]