- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

ルポ/メタルワン菱和の取り組み/地域で連携しワクチン職域接種

日本有数の工業地帯である水島臨海工業地帯(岡山県倉敷市)の一角で、メタルワングループのコイルセンター・メタルワン菱和(本社=倉敷市、流田龍扶社長)が医療機関や周辺企業と連携し、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を始めた。モノづくりを支える鉄鋼サプライチェーンを守ろうと、社内に接種会場を設置し、自社・周辺企業の社員とその家族を対象に接種を進める。業種や系列の枠を越えた地域での感染対策の取り組みを取材した。
[1]