2017年5月26日

東南アジア、鉄スクラップ需要増へ

 東南アジアの鉄スクラップ需要が増える見込みだ。域内の鉄鋼生産が増える一方で中国の半製品輸出が減少。域内最大の鉄鋼生産国のベトナムは2016年に鉄スクラップを前年比24%増の399万トンを輸入し、ビレット輸入を大幅に減らした。域内に多い電炉に加えて高炉の建設が増え、原料需要が増加する。日本からの輸入も増えるとみられ、アジアの鉄スクラップビジネスがさらに活発化しそうだ。
おすすめ記事(一部広告含む)