2020年7月9日

中国、鉄スクラップ価格続伸

 中国の鉄スクラップ価格が7月入り後も続伸した。中・南部は大雨が続き、北部は新型コロナウイルスの再流行で都市封鎖が行われるなど回収が滞り、需給がひっ迫している。鉄鋼の増産が続き原料需要は旺盛だが、「北部の新型コロナ感染が落ち着き、発生量が増える見通し」(中国廃鋼鉄応用協会)から鉄鋼企業は様子を見始めている。夏場の不需要期を迎え、条鋼の市況が軟化しており、鉄スクラップの上げペースが鈍化する可能性がある。

おすすめ記事(一部広告含む)