2020年11月11日

宝山鋼鉄12月積み、熱延コイル値上げ

 中国薄板最大手の宝山鋼鉄は10日、12月積みの熱延コイルの販売価格をトン100元(約1600円)上げると発表した。前回は100元安と6カ月ぶりに下げていた。建設・製造業ともに需要は堅調で鋼材市況が10月以降上がり続けている。鉄鉱石など原料価格が再び上がったことで販価の改善に向かう。市中の在庫が減少し、需給が均衡を保つ中、他の鉄鋼大手も値上げに追随する見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)