2022年7月1日

中国鉄スクラップ急落 鋼材安映す 6カ月ぶり安値

【上海支局】中国鉄鋼メーカーの鉄スクラップの購入価格は先週にトン300―500元(約6000―1万円)下がり、6カ月ぶりの安値となった。天候不順で鉄鋼需要が収縮し、鋼材市況が下落。製鉄所の採算が悪化したため、鉄鋼各社が原料の購入価格を引き下げている。鋼材在庫が急増したことから生産が調整され、「特に電炉工場の休止が広がっている」(中国廃鋼鉄応用協会)。需給が緩和した鉄スクラップの価格はなお下がり続けそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)