2022年7月28日

鉄スクラップ 中国3週続落 20年10月以来の低水準

 中国の鉄スクラップ価格が先週までに3週連続で大幅に下落した。下落幅は3週合計でトン約600元強(約1万3000円)。1カ月で900元近く下がり、2020年10月末以来の低水準となった。需要が減少し鋼材市況が下落したことで鉄鋼メーカーが粗鋼生産を減らしている。「鉄鋼メーカーの収益の短期的な回復は難しく、原料価格に下向きの圧力がかかる」(業界団体の中国廃鋼鉄応用協会)見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)