2015年10月29日

緑電再生、台湾でリサイクル加速 揚梅の能力拡張

 日台合弁の家電リサイクル企業、緑電再生(E&Eリサイクリング、本社=台北市中正區、隋學光総経理)は、台湾での廃家電および廃電子機器類のリサイクルを加速する。2年前に台北工場を閉鎖する一方で、主力の揚梅工場の処理能力拡張を実施し、台湾でのリサイクル体制の再整備を実施。将来的には台湾でのリサイクル処理台数を廃家電で年間60万台、廃電子機器で年間100万台を目標に、リサイクルを推進していく方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)