2015年10月29日

黄銅削り粉、発生難で需給タイト化 改善兆しなく長契数量縮小も

 黄銅削り粉の需給がタイト化している。発生が極端に少ないことが原因。売値以上の高値在庫を切り崩して、メーカーへの供給責任を果たす直納問屋が目立つ。仲間間取引では、売値と買値が逆転するほどの極端なタイト感はまだないものの、発生改善の兆しがないため、タイト感はさらに強まっていくとの見方が大勢。「来年1―3月の長期納入契約の数量を縮小する」と話す問屋も出始めている。

おすすめ記事(一部広告含む)