2017年11月22日

中国政府、スクラップ輸入に新基準

 米国に本部を置くスクラップ・リサイクル業協会(ISRI)はこのほど、スクラップの輸入について中国政府が新たに策定し、WTOに提出したとみられる新基準を公表した。非鉄金属スクラップは、ゴムやプラスチックなどの異物混入の許容範囲が1%(金属分99%)とされ、今年8月に示した0・3%から多少緩和する形となった。適用開始は来年3月1日からの見通し。

おすすめ記事(一部広告含む)