2018年9月27日

メタビッツ、銅スクラップ60トン盗難被害

メタビッツ、銅スクラップ60トン盗難被害
4mの外壁、クレーンのようなもので上から盗み出された

 大手非鉄金属原料問屋のメタビッツ(本社=栃木県下野市、石渡隆靖社長)は、連休中の9月22―25日の間に赤ナゲットを中心とした銅スクラップ55―60トンが盗難被害にあった。フレコンやドラム缶に入った銅原料を壁の外からユニック車のようなもので運び出したと思われる。被害総額は約4000万円。

おすすめ記事(一部広告含む)