2019年8月13日

廃LiB原因の火災多発 ヤード扱いの危険性指摘

廃LiB原因の火災多発 ヤード扱いの危険性指摘
ヤード火災の跡(新潟県)

 使用済み小型家電に残されたままになっているリチウムイオン電池など充電式電池の危険性を指摘する声が相次いでいる。電池が原因と推測されるリサイクルヤードの火災が全国規模で多発しているためだ。電池の取り出しが容易な機器設計や、排出者または処分事業者が安全で適切に電池を分別できる取り外しマニュアルの作成、一般の消費者に対する啓発活動の強化などが、今後の小型家電リサイクルにおける重要な課題となる。

おすすめ記事(一部広告含む)