2019年10月25日

雑電線価格 中国輸入枠削減で弱含む

 中国でこのほど発行された10―12月の輸入ライセンスが8割ほど納入量を減らされた影響で、雑電線の輸出価格は今後下落していくかもしれない。主にマレーシアなどの東南アジアに輸出されている雑電線だが、最終的には雑ナゲットに加工して中国へ輸出しているものが多い。中国へ輸出できないとなれば、マレーシアの業者は、母材としての雑電線の集荷量を減らし提示価格も下げてくると思われる。

おすすめ記事(一部広告含む)