2020年7月8日

誠宇ジャパン、独アルバと合弁設立

使用済みアルミ缶(UBC)やペットボトルのリサイクル事業を行う誠宇ジャパン(本社=東京都千代田区、中原恵子社長)はこのほど、独リサイクル大手アルバとの合弁会社「アルバジャパン」を設立した。出資比率は、アルバが51%で誠宇ジャパンが49%になる。来年をめどに、新たに使用済みペットボトルの再生プラント工場を茨城県行方市に立ち上げる。再生フレークや再生ペレットを販売していく。

おすすめ記事(一部広告含む)