2020年9月1日

銅原料問屋 今後の調達方針に困惑

 銅スクラップを扱う原料問屋が今後の調達方針に頭を悩ませている。7―9月期の需要減と相場上昇による発生増を受け、足元は多くの問屋がある程度潤沢な在庫を抱える。だが、市中の余剰玉一掃で今後は発生が減りそうな見通しがあり、需要次第で秋以降は一転して不足気味になるかもしれない。一方で伸銅メーカーの需要がどこまで戻るのかも不透明なため、買値や数量をどこまで追いかければ良いのか問屋の判断を難しくしている。

おすすめ記事(一部広告含む)