2020年9月17日

銅ナゲット メーカー買い気弱く

 銅ナゲットの需要が冷え込んでいる。電気銅代替の高品位銅スクラップとして電解銅箔や伸銅品の再生原料に使われるが、新型コロナウイルス禍でいずれの用途も消費が低迷。同じ高品位銅スクラップでも1号銅線と比べてメーカーの買い気に弱さが目立ち、10月以降の購入量を大幅にカットするメーカーも見られる。ナゲット加工業者からは「母材の被覆電線も製品ナゲットも在庫が増えている」(関東の業者幹部)との話が聞かれ、市中相場は上値が重たくなっている。

おすすめ記事(一部広告含む)