2021年2月15日

UBC輸出価格 韓国向け2年ぶり高値

 韓国向けの使用済みアルミ缶(UBC・プレス品)の輸出価格が、2年ぶりの高値を付けた。アルミ圧延大手ノベリスの韓国拠点の旺盛な買い気や指標となるLMEアルミ相場の上伸、円安などが背景にあり、CIF・釜山は円貨でキロ153円超と国内置き場で143円を超え、国内メーカーの買値との差は最大10円に広がった。「これから毎週150トン以上を輸出していく」(輸出筋)。

おすすめ記事(一部広告含む)