2021年4月12日

製錬向け下銅 中国筋と集荷競争激化

製錬メーカーが炉の温度調節に使う冷材用銅スクラップ(下銅)の市中の集荷競争が激しくなっている。国内の製錬向け需要がここにきて特に増えている様子はないが、中国向けで引き合いが強まっている。国内製錬メーカーには仕入れ価格条件を引き下げる動きも一部見られており、原料問屋関係者から「中国系スクラップ業者に買い負けている」(関東の大手問屋幹部)との声も聞かれ始めた。

おすすめ記事(一部広告含む)