2021年6月21日

アルミ缶 20年度リサイクル率94%

 アルミ缶リサイクル協会によれば、2020年度の飲料用アルミ缶リサイクル率(再生利用率)は、前年度比3・9%減の94・0%だった。新型コロナウイルスの影響により集団回収活動の一部が制限されたが、回収量は前年並みとみられる。ただ、再生地金の需要減や使用済みアルミ缶(UBC)相場の高騰により、回収された一部が市中在庫になったことなどが響いた。21年の国内飲料用アルミ缶需要量は、前年より横ばいの217億9000万缶を予測した。

おすすめ記事(一部広告含む)