2021年7月13日

林商会 使用済み電池など焼成能力2倍超に

 レアメタル原料専門商社の林商会(本社=大阪府松原市、林正裕社長)はこのほど、奈良工場(奈良県御所市)で使用済み電池などの焼成能力を2倍以上に引き上げた。昨年導入した過熱水蒸気式炭化炉が本稼働し、温室効果ガスを排出しない環境対応への取り組みも強化した。来年にかけてはロータリー式乾燥炉を新規導入する予定で、処理体制のさらなる充実を図る。

おすすめ記事(一部広告含む)