2013年6月10日

鉄スクラップ輸出市況、東アジアで先安観

 東アジア鉄スクラップ輸出市況の先安観が強まっている。海外市況が低迷する中、為替が1ドル100円台を割り込んだことなどが影響。日本から韓国向けの鉄スクラップ輸出価格(H2)についてはFOBトン3万2000円前後で推移していたが、「アジア市場で競合する米国と比べ、日本の鉄スクラップは割安感が薄れている。日本へのオファー価格が引き下げられる公算は大きい」(商社)という。

おすすめ記事(一部広告含む)