2014年9月16日

関東鉄スクラップ市況、強気維持も上げ足鈍化

 関東地区の鉄スクラップ市況は基調としては強気を維持しながら、上げ足は鈍い状況となっている。地区内需給は市中玉の発生が低調なこともあって引き締め感がある。秋以降に向けて市中には電炉生産が上向き鉄スクラップ消費の増加、価格上昇への期待もある。一方で、地区内鉄スクラップへの引き合い増、市況上昇要因の1つだった輸出環境は、韓国向け商談がやや頭の重い展開。当面の地区内市況は強い基調を維持し堅調見通しながら、上げ足加速については材料不足との指摘もある。

おすすめ記事(一部広告含む)