2015年4月10日

新規鉄スクラップ輸出商談 台湾・ベトナムに集中

 新規鉄スクラップ輸出商談で、国内商社・シッパーからのオファーが台湾やベトナムに集中している。韓国向けについては、韓国側から4月契約分以降、新たな放射能検査基準の実施を求められており、「いまだ運用について関係者の話し合いが続いているため、不透明な部分も多い」(商社)ことなどからオファーを制限し、放射能問題のない台湾やベトナムに販路を求めているとみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)