2015年4月14日

関東湾岸鉄スクラップ、輸出入札高値が底支え

 関東湾岸の鉄スクラップ市況は、当面の底堅さが見込まれている。9日に関東鉄源協同組合が実施した鉄スクラップ輸出入札では、H2の平均落札価格がFASトン2万5198円で前回(3月11日)より2378円高と4カ月ぶりに反発した。足元の関東湾岸の集荷価格はFASトン2万3500―2万4000円どころ。輸出船積みの堅調などを要因とした小反発から、再びスポット的な高値解消の動きもあった中で、同入札結果はそうした相場観を上回る水準だった。

おすすめ記事(一部広告含む)